外国運転免許を切り替えたい方へ

日本の免許へ切り替えるためには

外免切替の注意点

外国の運転免許証を持っている人が、日本で車を運転したいときには日本の運転免許証に切り替える手続きが必要になります。これが外免切替と呼ばれます。一般的な手順は、運転免許センターで申請書類を提出し、適性試験を受け、交通規則の知識確認を行い、運転技能の確認のため運転免許センター内コースを実際に走行し、すべて合格すると日本の免許証を取得するという流れです。
切替を行うにあたって条件があります。受験資格として、外国免許証取得後その国に通算3か月以上滞在していること、免許が有効期限内であることです。
                                                                                                      

必要書類を揃えて申請し、審査が終了するとその日のうちに日本の道路交通に関する知識の確認と適性試験を行います。知識確認は10問中7問以上の正解で合格となり、適性試験では、視力、色彩識別能力テスト等が行われます。
そして後日、一番大切な技能確認の試験となりますが、書類申請の際に外国免許切替技能確認方法という注意点がまとめられた用紙が渡されますので、しっかり確認し、必要であれば教習所で試験官が確認するポイントを練習ことが大切です。
注意点としては、試験の手順や条件、法律で定められた走行指示など、基本に忠実な運転が求められるので確実に行うこと、技能以外では試験官への挨拶や返事などをはっきりと行い、印象を良くすることなどが挙げられます。

コメントを受け付けておりません。