外国運転免許を切り替えたい方へ

日本の免許へ切り替えるためには

日本語翻訳文の申し込みについて

車の運転をするときには絶対に運転免許証が必要となってきます。生まれた国であれば、そこの免許証を持っておくことで運転をすることができます。しかし、日本で生まれて外国に行く場合や外国で生まれて、日本に来る場合にはその国の免許証をもっておかなければいけません。

アイランド05

日本の場合には、特定の地域から日本に来たときには日本語翻訳文と外国の免許証の原本をもっておく必要があるのです。申請をすることによって、入手することができます。申し込みの方法は、窓口にもっていくか郵送にて行う事ができます。必要な書類は外国の免許証、申請書、住民票がいります。住民票に関しては特定の地域の免許証のみです。発行手数料は三千円となっています。所要時間は、即日から数週間程度なっており、翻訳をする国や窓口か郵送かによっても異なります。窓口のときには、早くて即日での発行をすることができます。郵送の場合には、数週間はかかるでしょう。早く翻訳をしたものが欲しいときには、窓口を利用すると良いです。
また、有効期限として入国日から一年間とされています。長期間日本に滞在をして、運転をするときには日本の免許証に切り替えるといいでしょう。切り替えの手順は別途あるので調べましょう。

コメントを受け付けておりません。