外国運転免許を切り替えたい方へ

日本の免許へ切り替えるためには

適性試験と交通規則の知識確認

日本で車を運転するときには、当然のように運転免許証が必要となってきます。これは、日本に住んでいる人だけではありません。外国から日本に来たときも運転免許証の切り替えを行うことになるのです。これは、外国から日本に来たときだけでなく、日本から外国へと行くときも同じことがいえます。

日本の免許証に切り替えをするときには、各都道府県にある運転免許センターにいくことになります。必要な書類は申請書、外国の免許証、本人確認書がいります。また、免許を切り替えるときには、外国の運転免許証が有効期限であることが条件になっています。それ以外にも免許証を発行してから3ヶ月はその国で過ごしていることが条件となっています。
書類をそろえることができたら、試験を受けなくてはなりません。流れは、申請書類の提出、適性試験、交通規則に関する知識、実技テスト、免許証の切り替えといった感じになります。全ての試験で問題がなければ、日本の運転免許証を取得することができます。
切り替えには、住んでいた国によってことなります。これは、翻訳をしなければいけないからです。即日から数週間かかることがあるので、事前に問い合わせをするといいでしょう。

コメントを受け付けておりません。