外国運転免許を切り替えたい方へ

日本の免許へ切り替えるためには

運転技能の確認

車を運転するときには、どの国にいっても運転免許証が必要になります。日本で運転をする場合には、日本の運転免許証が必要となるでしょう。また、日本人が国外へと行って運転するときには、その国の手順に従って国際免許証を発行する必要があります。これとは逆に、外国の人が日本にやってきて運転をするときにも日本の免許証を発行しなければいけません。
免許の切り替えを行うときには、各都道府県の免許センターに行く必要があります。切り替えの条件はふたつあります。ひとつめが、自分の国の免許証の有効期限が切れていないことです。ふたつめが、免許証を発行されてその国に3ヶ月以上の滞在をすることです。必要書類は、外国の免許証、申請書、本人確認書類などです。

免許を発行するまでの手順は、申請書の提出、適性検査、交通規則の知識確認、運転技能の確認、日本の免許取得といった流れになっていきます。技能の確認は、実技とも呼ばれ、実際にコースを走行することによってその実力を確かめられます。問題がなければ、スムーズに免許の発行まで行う事ができるでしょう。実際に運転免許センターに行く前に、必要書類をしっかりと確認するといいでしょう。所要日数は住んでいる国によって違うので、確認をしましょう。

コメントを受け付けておりません。